幼保連携型認定こども園教育・保育要領の改訂について(園内研修)

9月21日(木)、今回は質の向上委員会主催で今年度5回目の全体研修でした。

今回は『幼保連携型認定こども園教育・保育要領について』というテーマで、保育所保育指針、幼稚園教育要領との比較や今回の改訂のポイントについてみんなで学びを深めました!今回新たに示された‘幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿’。日頃の保育の写真をみながらこの10の姿のどの部分が育っているかをグループごとに話あうと、色々な意見がでて、「これって全部だよね⁉︎」と盛り上がりました。

今後も『子ども一人ひとりの育ちを大切に』を合言葉に、様々な活動や体験を通して、子どもたちが考えたり、学んだり、発見したりする楽しさが感じられるような遊びをしていきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です