大地の日~3歳未満児~

今日は川内すわこども園SECOND【第2回大地の日】が開催されました!

昨年から行っているこのイベント。

この【大地の日】のねらいは・・・

◎自然を感じながら楽しく歩いたり、走ったりして体力をつける。

ということで・・・

3歳未満児のひよこ・りす・ぱんだ組の子どもたちもお散歩へ行きました!

散歩コースは安全面に配慮し先生たちで決めました。

0歳児クラスひよこくみさん!

→大地の日出発ー!!

→草花を見て感触を楽しみます。

→嬉しそうな表情(≧▽≦)

→このよちよち歩く姿がなんともかわいい♡

→いろんなものに興味津々!!

→疲れたお友達はお散歩カーにのりも乗りました♪途中でりす組のお友達を発見!

たのしいお散歩になりました♪

→今日はお部屋で過ごしたお友達もいました(^_^)元気になったらまたお散歩いこうね!

 

続いて1歳児りすくみさん

→お散歩リングを上手に握ってあるきます。

→みんなしっかり並んですごい!すごい!

→公園では休憩タイム~♪おやつをいただきました。

→そして公園でも身体を動かしてたっぷり遊びました♪

 

 

最後は2歳児ぱんだ組さん。

→お友達とペアになり手をつないで(^_^)

途中で車が通るたびに興味を持つ子、飛んでいる鳥に興味を持つ子いろんな姿がみられました。

そして、公園に着いたら・・・・

→おやつをいただきました。おいしいね~!!

そして公園で遊びます!!(≧▽≦)

→ボールで遊んだり、走り回ったり!!子どもたちのパワーはすごい!!

→園に帰ると給食タイム~!今日は気分を変えて2階でいただきましたよ(≧▽≦)

→ピクニック気分ででみんなで食べる給食はおいしい~☆

楽しい1日になりました。

川内すわこども園SECONDでは、園庭遊びや公園への散歩など日頃の保育の中で頻繫に取り入れています。

“お散歩”は、部屋の中とは違うものをたくさん見ることができます。太陽の光や陰、風、自然の音や景色、子どもたちのの五感を刺激するものがいっぱいです。そして子どもたちの「これは何?」という好奇心が育っていきます。

葉っぱが揺れているのも、鳥が飛んでいるのも、なんでも興味を示す時期の子どもたち。自分で歩いて散歩し、道端に落ちているもの拾っては眺めて、また次に新しいものを見つけて、気になるものをすべて確かめようとします。

こうして散歩で子どもたちの好奇心は満たされていきます。好奇心は物事を知ろうとする探究心につながるので、小さい時期から散歩をすることで自然に心が育ちます。

今後も子どもたちの発達を促進していけるよう戸外活動、散歩など多く取り入れて、楽しくあたたかい保育をしていきます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鏡開き