自分のいのちは自分で守る

令和3年10月6日(水)今日もとってもいい天気ですが、今日のお散歩はちょっとお休み。
薩摩川内市交通安全協会のかきがわお姉さんに来園していただき、
“いのちの大切さ”についてみんなで考えました。


ぱんだぐみの子どもたちもランチルームにやってきましたよ。


さすが年長さんたち、聞く姿勢バッチリですね!


ほとんど毎日といっていいほど、
お散歩に行く子どもたち。
みんな集中して話を聞いてます。

その後は横断歩道の渡り方、『右をみて、左をみて、もう一回右をみて』
上手に渡ります。

最後はみんなで紙芝居を鑑賞!
車に乗る時は、しっかりとチャイルドシートに座って、
『シートベルト、カッチャン!』
みんな大切な自分いのちを守るために、
交通ルールについて学ぶ貴重な経験となりました。


本日お話してくださった、
薩摩川内市交通安全協会の『かきがわお姉さん』ありがとうございました!
みんな、交通ルールはしっかり守って、
また明日からお散歩に出かけよう~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です