運動あそびの重要性と新学習指導要領(園内研修)

9月7日(木)は今年度第4回目の全体研修でした。鹿児島女子短期大学の黒原先生をお招きしての『運動あそびの重要性と新学習指導要領(園内研修)』というテーマで実技研修。乳幼児期の発達に応じた運動遊びやボールを使った遊びに、みんな子どもの頃に帰ったように遊んでいました。

運動遊びでは、普通の生活では創出されない動作を意図的に作り出すことが大人の仕事、何をどのくらい遊んでいるのか見守る観察力、できたできないではなく有能感を獲得できるような関わり方、そして何より体を動かすって楽しいと思うような保育をしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です